スポンサードリンク

浅間山 裏・表

18658644[1]

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

◆富士山は静岡県側  VS 山梨県側とでどちらがいいか?意見が五分五分に分かれていますね!浅間山も長野県と群馬県にまたがり南側が長野県、北側が群馬県です。最初の写真はバラキ高原(群馬県)から見た1月の浅間山です。北風で噴煙が南側に流れています。

18658644[1]

◆此処は「鬼押し出し」東側から見た2月の浅間山です。朝日を浴びて左側が輝いています!

20130222nikon2 006

◆鬼押し出しより少し南側、ちょうど長野県と群馬県の境界線上(六里ヶ原:厳密には群馬県)、昨年9月下旬の浅間山。中腹付近で少し紅葉が始まった頃です。

20121019nikon 011

◆此処は長野県佐久市、つまり南側です。2月ですが雪も少なく穏やかな山に見えます。

20130222nikon2 195

◆冬の浅間山はこんな風に雲がかかっている日は冬型の寒波が来ている時です。ちょうど日本海からの筋雲が北部山岳地帯を通り浅間山まで雪雲として流れてきます。此処は太平洋側気候と日本海側気候のちょうど中間で浅間山は両方の影響を受ける山なんだそうです。

20130222nikon2 21520130129nikon2 012

◆以上の写真から、身びいきかもしれませんが『浅間山は群馬県の勝ちー♪ 』 皆さん、写真を見てそう思いませんか?そして浅間山に手を合わせてお願いすることは、天明三年の浅間押しのような大噴火をしないで、毎日ポッポと噴煙を出してガス抜きをしながら今のままでいてください!

〔*1〕1400人余の死者を出した1783年の噴火災害の記録は大量にあり,地元では「天明三年の浅間押し」伝承がいまも語り継がれている    大噴火。

★参考:浅間山噴火動画

20130222nikon2 009

◆これは2004年の噴火時の写真(引用)です。火山岩や灰は遠く東京・横浜まで飛びました。当時、横浜に住んでいた私は車のボディが煤上の灰で灰色になっていたことを覚えています。

images[2]images[1]

◆でも、結論は四季折々の姿を見せる浅間山は取り付かれる程の好い山ですねぇ~!写真は昨年8月「パルコール嬬恋ゴルフリゾート」から撮った浅間山です。、、、とある写真家は浅間山の写真を撮る目的で富士山に登るそうです。富士山頂からの浅間山、写真家が取り付かれるぐらい、どこから見ても素敵な山なんですねぇー!!

335305-2[1]

【浅間山周辺はトレッキングパラダイス、連なる山々は池の平など水芭蕉やドウランつつじなどが四季折々に楽しませてくれます。そんな場所へ行くには軽装じゃなくこんなハイキング用品は必ず用意しましょう!】

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメントは受け付けていません。